お問合せ・ご予約は

TEL:090-4445-3657
MAIL:masuna@topaz.plala.or.jp
住所:三重県伊勢市
OPEN:11:00~19:00
 
定休日:不定休

Press enter to begin your search

勘違いしている

勘違いしている

みなさま、おはようございます。
心理学トレーナーカウンセラーCoCoRoです。

世の中の多くの方が勘違いしているのは、
『プライドが高い男は自分に自信がある』という解釈です。

全く反対です!

夜中の雨、凄かったですね。
どちらも被害がなかったことで安心しております。

さて、みなさんの周りにもいらっしゃると思いますが、
プライドが高い人。。。

以前、ブログにも書きましたが、
プライドが高いのは劣等感のあらわれです。

そして、自信がありません。

特徴としては、
・他人を見下す
・批判が多く、物事や他人を否定的側面から見る
・自慢話が多い
・自分の非を認めず正当化する

本当の成功者や自信があってプライドが高い人は、
服装も質素で、周りに自慢することもしません。
勿論、他人を見下すような発言もしないです。

わざわざご丁寧に、わたしはすごいんだ!ってアピールしなくても
存在だけで、自信がありプライドが高いと分かるからです。

劣等感を隠そうとして、
過剰に自分を大きく見せようとしたり、
相手の言うことを素直に聞けなくなったりします。

今現在、
『自分が嫌い……』
ということで悩んでいる人の何割かは、
このことに思い当たるふしがあるんじゃないでしょうか?

自分が嫌いという人は
他人を好きになれU、相手を認めることもしません。
それは、こうしたこころの働きによることが多いです。

自信がない、プライドが高い、劣等感、
複合的に絡み合っています。

自信がないほど強がるのは、
『他人が恐いから』です。

その怖さとは、
『他人に傷つけられることが恐い』
『他人にバカにされることが恐い』
『他人に攻撃されることが恐い』
『劣等感を悟られるのが恐い』
『拒絶されることが恐い』

これらの恐怖が心の底にあるからこそ、
一生懸命に強がって防御するのです。

防衛機制ですね。

悪いところも
良いところも
ありのままの自分を受け入れ認めていく自己受容。

自己受容ができると、人生が変わります。

さぁみなさま。本日も張り切って参りましょう。