お問合せ・ご予約は

TEL:090-4445-3657
MAIL:info@ateliercocoro.com
住所:三重県伊勢市
OPEN:11:00~19:00
  定休日:不定休
Press enter to begin your search

それは『いつ』の話ですか?

アトリエCoCoRo / ブログ  / それは『いつ』の話ですか?

それは『いつ』の話ですか?

みなさま、こんばんは。
心理学トレーナーカウンセラーCoCoRoです。

人の発する言葉で、それは『いつ』の話なのか・・・に注目することで、その話し手の『現在』が見えてきます。

本日の日中は、暖かい日でしたね。
受講生さまとランチの帰りに歩いていると、ポカポカして気持ちよかったです。

さて、いろんな方のブログを拝見し、様々なご職業の方と接する機会が多い私は、ついついその方の言語化した言葉や
記事の書き方で、『いつ』に生きているかがよく分かります。

みなさんの周りにも、常に過去形でお話をする方はいらっしゃいませんか?
言語化していらっしゃるご本人さまには、まったく自覚がなく、自分でもその意味に気づいていないことが多いのです。

・あの時は〇〇だった
・私の元彼は…
・僕の元カノはお嬢様で…
・有名な大学卒です
・昔はモテてたんだけどね~
・若いときは〇〇・・・
・昔、役員やってました…
・20代の頃は痩せてスラーっとしていた…

他にもありますが、常に過去形で昔は〇〇だった…に執着している方って沢山みます。

人間だけなんですよね。
今現在に生きていながらも、頭の中で過去に行ったり、未来に行けるのは…。

過去を話す人は、今の自分よりも過去の自分に自信がある人が多いです。
過去の栄光?みたいなものでしょうか。

勿論、今現在に満足していないから、意識がいつまでも過去なのです。
わたし達は、今現在を生きていても、常に過去と未来に挟まれ続け、どのような生き方をしようと、生きている間は常に『現在』なのです。
その現在から、目をそむけない!

わたし達は、人に知られたくないことやイヤなことは、積極的に自分から話そうとしないのが人間です。
それは、自分の口で言語化して自分の耳で聴く作業。
楽しいわけではないですよね。

でも、実際にわたし達 人間が他人に関心を持つのは、『今がどうか』です。
振り返ってもなんともならない過去や、どのようになるのか分からない未来を考えては不安になっているのは、自分自身だけです。

今の自分に不安や不満が多い人ほど、過去に自分がしてきたことがどれだけ大変だったとか、どれだけ凄いことをしたのかなど、過去に努力や優秀の美を飾った人ほど、今現在の『事実』を受け入れない・認めたくないという気持ちが大きくなるのでしょう。

だからこそ、自信のある過去を言語化したり、記事にして、周りから理解や称賛を得ようとするのかもしれませんね。

いつまでも過去に執着して、過去の自分に依存している人は、今の自分が過去より劣っていることを肯定しているのに気づいていないのです。

その過去に体験した幸福感や努力からの達成感や優越感が残っていて、今の自分では過去に体験した喜びや快楽を得られないことを、実は潜在意識は感覚的にもう気づいているのです。

自覚ない、こころの隙間を埋めようとする無意識に出る行動です。

弱いのかもしれないし、それは甘えなのかもしれない。

常に現在を話す方は、今に満足し、人生の中で今が一番楽しい!

プライベートも仕事もやりがいを持って、すべてのことがウマクまわっているから、今を一生懸命生きています。

未来を話す方は、強い信念や目標を持ち、表情からも強さやエネルギーを感じます。
なにかを追いかけているお姿は、男性女性問わず、とても素敵に見えますね。

どちらに焦点を向けるかで、人生って決まってくるのかもしれませんね。

さぁみなさま、明日も素晴らしい一日をお過ごしくださいませ。

No Comments

Post a Comment